HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>日記

2011年3月12日オールナイトイベント


日付変わったんで、ちょっと書こうかな

つらつらっと、書いていくんで

長くなると思うし 文章も人を選ぶと思うんで

読みたい人だけ読んでね





昨年の今日、行うはずだった3月12日のオールナイトイベント

震災の次の日に開催予定だったわけだが

地震直後の混乱で

各関係者と全く連絡が取れない状況


延期か中止か、もしくは強行開催か

ツイッター等で、詳細を教えて欲しいという

お客さんになんとか待ってもらいつつ

制作陣やイベント会場と連絡が取れて

延期の決定をツイッター上で報告できたのは

その日の22:00過ぎだった


深夜の高速バス等で何とか東京に向かおうとしていた人もいたみたいで

連絡が遅くなってしまったことに、大変申し訳なく感じていた


因みに俺は、震災が起こった時

自宅でリハーサルを兼ねて

歌の練習をしながら、販売予定のDVDを焼いていた


直後、状況を把握しようと慌ててTVをつけたが

時間が経つにつれ、最新情報の凄まじさに驚愕し

信じられないような信じたくないような

そんな気持ちでいっぱいだった


あの日以来我々の生活は一変した

多くの苦しみや悲しみ

多くの楽しみや喜び

みんなで経験してきた


何度も話してると思うが

俺の好きな言葉に


『 One for All  All for One 』

という言葉がある

震災後の日本は、まさにそんな感じだったと思う



あれから1年が経った

心の中から薄らいでいく記憶

前に進む為に、人間の脳の構造はそう出来ている


昨日の特番番組やネットでの情報は

そんな薄らいでいく記憶を風化させないように

我々自身が、次に伝えていくために必要な記録なんだと思ってみていた


そして何より


『震災』は未だに継続している現状なのだ


日本や世界の技術、たくさんのボランティアの人々やその他色々な力のお影で

急速な復興が行われているが

未だ、日本は震災の影響を受けている




改めて俺に出来ることは何かを感じながら

仕事に励んでいきたいと思う



『 One for All All for One 』


の精神で、みんなで前に進んでいけたらと思う





ひとりはみんなのために・・・

     みんなはひとりのために・・・・



  

コメント

荻さんのブログで感動させられるとは思いませんでした。・゜・(ノД`)・゜・。
自分は身分的に出来るのは募金くらいでとても心苦しいのですが、いち早く復興することを願います
非承認のままでお願います。
はじめまして、荻原さん。分かつ対の魂(たま)と申します。久々に「ほめらじ」を聞いて、リンクを辿ってやって来ました。いきなりですが、自分は荻原さんと同じFC2にブログを持っています。インターネットで知り合った知人がFC2のブログをやっていたので、勢いでアカウントを取得、なんかいじっていたら2時間で出来てしまったブログです。このコメントが公開されると少し困るので、「非承認」のままでお願います。自分は、一生消えず、一生治らない不治の病に(複数)侵されています。障害者自立支援法の下、働いてはいますが収入は生活保護の半分程度。ギリギリも良い所です。でも、生きています。例の地震の時、リアルタイムで映し出させる映像は、「生きている人が乗っている、動いている車」が津波にのみ込まれている映像でした。現在実家暮らしですが、震度5程度の地震は何度も経験しています。「十勝沖地震」が人々の記憶に残っている例でしょうか。それ以外にも何度も経験しているので、実際震度5クラスの地震が夜中起きても「震度5だなぁ。ZZZ・・・」といった具合に耐性がついています。死んだ方々には、心からご冥福をお祈りいたします。が、生きている自分は、辛いものです。死んだ方がマシかも・・・そう思いながら、薬を飲み続けてなんとか生きています。実際、自殺未遂もやっています(4~5回)。生きているのが辛くて・・・病気のせいもありますが・・・そんな感じです。楽しみは・・・2次元と音楽プレーヤー(コレクション)です(笑)。これからどうなるのだろう・・・毎日、そんなことを思いながら生きています。ブログでは個人情報が特定される恐れがあるため、この事には一切触れていません。話が大分脱線してしまいました・・・済みません。これからは「ほめらじZ」を出来る限り聞いて行こうと思います。「分かつ対の魂(たま)」で投稿する事があるかもしれません。その時は、生暖かい目で読んで頂けたら幸いです。追伸 荻原さんて・・・写真見ましたが想像以上に良い男ですね。でも、少し怖い印象もあります。自分は・・・ただのオッサンです(爆)。では。
僕たちは立ち止まっていてはいけません
震災の記憶を胸に刻みつつ前に進みましょう
何かできないかと思い、募金箱を見かけたら毎回の様に入れてます。
直接助けに参加できない自分が不甲斐なく感じました。
オールナイトの前日
あの日は、何もかもが大混乱でしたね・・・。
震災のニュース映像を見たとき、目を覆いたくなる程の光景に言葉を失い、心が苦しくなった事を今も思い出します。
そして、これからも忘れないでいたいと思っています。
絆や繋がりを感じ、私も大好きで、心の核にある言葉
『One for All All for One』を胸に刻み、歩んでいきたいと改めて感じました。
胸に響く素敵な言葉ですよね♪
『もう』一年。『まだ』一年。
震災から、一年。
被災地から遠く離れた場所に住む身としては、もう一年たったんだな。と感じてしまいますが、実際は〝まだ〟一年。

復興への道は長く、心の傷を癒すにも、まだまだ時間が掛かるのだろうと思います。

自分に出来る事は小さな事だけれど、少しでも力に、少しでも支えに。

荻原さんの言葉で、さらに強く感じました。
がんばろう日本!

コメントする

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。